わかさクリニック

04-2949-2426

〒359-1151 埼玉県所沢市若狭4-2468-31

帯状疱疹

この疾患の診療科

特徴

帯状疱疹とは水痘帯状疱疹ウイルスを原因として発症する病気です。水痘帯状疱疹ウイルスは、初めて感染した時には水疱瘡として発症しますが、その後は体内に潜んでおり、ストレスや疲れなどで免疫機能の低下などに伴い、体内に潜んでいたウイルスが再活性化し帯状疱疹が発症します。

症状

帯状疱疹は再活性化を示すウイルスの神経領域に一致して出現します。初期段階には皮膚がピリピリするような痛みを感じ、時間経過とともに赤みや水痘形成などの皮膚症状が現れます。発症1週間ほどは皮膚症状が悪化することが多く2~3週間ほどで治癒に向かいます。皮疹が広い範囲に広がったり、顔面神経に関係してハント症候群という病気を伴ったりすることがあります。

診断

帯状疱疹は特徴的な皮膚所見から疑われ、実施する検査は重症度や臨床経過などを加味し決定されます。検査には発疹部位から検体を採取し、ウイルスの感染により生じる細胞変化を顕微鏡で確認します。ただしこの検査ではウイルスそのものを検出する訳ではありません。帯状疱疹の直接的な証明としては、ウイルスそのものの分離、ウイルスに対する抗原抗体反応の利用、PCR法によるウイルス特有の遺伝子検出などが行われます。

治療

帯状疱疹の治療法は、皮膚所見の重症度や部位に応じて決定されます。
中心的な治療方法は、原因となる水痘帯状疱疹ウイルスに特化した抗ウイルス薬を用いた内服もしくは点滴による治療になります。また帯状疱疹は強い痛みを伴い、一般的な鎮痛剤では対処できないことが多く見られます。その際は麻薬、抗けいれん薬の一部であるガバペンチン、神経ブロックなどを組み合わせた対処が必要になります。重症化した場合は入院治療が必要な場合も有ります。

予防と改善

帯状疱疹の予防には予防接種が有効です。予防接種によってウイルスの再活性化を予防したり、発症しても軽症で済ませることができます。予防接種の対象者は帯状疱疹の好発年齢である50歳以上の方になります。

わかさクリニックで
診療を受けられる疾患の
解説へ戻る