たるみ

実年齢より老けて見えてしまう原因となる肌のたるみ。メスを使用しない治療法をセレクトして引き上げます。

「老け顔」の印象を与えるたるみは、顔全体がハリを失い重力によって肌がたるんでしまい下がる現象です。頬や輪郭の下垂だけでなく、ほうれい線や二重あご、目の下、首にまでたるみが現れ、様々なトラブルを生み出します。マッサージなどのホームケアでは改善しきれないのが現状で、若い頃のピンッと張ったリフトアップ感を取り戻したい場合は、まず美容医療が効果的だといわれています。

こんな方におススメです

✔︎フェイスラインをシャープにみせたい
✔︎若々しい印象になりたい
✔︎小顔になりたい
✔︎肌のハリや弾力を取り戻したい
✔︎首のシワ・たるみが目立つ
✔︎顔の皮膚が下がって、輪郭がぼやけている

たるみの効果的な治療法

たるみの種類

真皮老化たるみ

肌の弾力を生み出す真皮層の弾性線維が老化することから起こります。線維がまるでゆるんだゴムや網目の開いたザルのようになり、肌を内側から支えきれなくなり、輪郭が下がってたるんだ印象に見えます。

乾燥たるみ

肌表面の乾燥や、内側の真皮層にうるおいをもたらしているヒアルロン酸が減少することから起こるたるみです。

無表情たるみ

顔の筋肉をあまり使わないことから筋肉が退化して起こるたるみです。パソコンやスマートフォンの操作を長時間行うことで無表情になりやすく、このような場合が続くと若い段階からたるみやすいので、注意が必要です。

うつむきたるみ

つい行う姿勢やクセなどが原因のたるみ。猫背や下を向く作業が多いとフェイスラインや頬の皮膚などが下垂してゆるみ、たるみを加速させてしまうのです。