足関節外果骨折

この疾患の診療科

特徴

足関節を強く捻ったり、外果部に直接外力が加わり起こります。
なるべく解剖学的状態に戻さないと、足関節の動揺性や機能障害を残してしまいます。

症状

・足関節部の痛みや腫れ、皮下出血、変形
・足を着いて歩行することが困難になる

診断

受傷機転を聞き、足関節の腫れや圧痛、変形、皮下出血を確認し、レントゲン検査で確定します。
粉砕の強い場合は、CT撮影が必要になります。

治療

骨折の転移が少ない場合や徒手整復で整復位が得られれば外固定で保存的に治療可能ですが、整復位が得られても保持が難しい例や、十分な整復位が得られない場合は手術が必要になります。

予防と改善

・足部のアライメント異常の補正や足関節周り(特に外側にある筋肉)の筋力訓練
・片足で行うバランス系のトレーニングや足関節周りの感覚を向上させるような運動