頚肩腕症候群

この疾患の診療科

特徴

首(頸部)から肩・腕・背部などにかけての痛み・異常感覚(しびれ感など)を訴える全ての症例の中で、整形外科的疾患(変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など)を除外し、検査などで病因が確定できないものを頸肩腕症候群と呼びます

症状

肩~腕にかけて痛みやしびれが生じます
腕や手指のシビレが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです
一般に、頚椎を後ろへ反ると痛みが強くなるので、上を見ることやうがいをすることが不自由になります
上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません

診断

腕や手のしびれ・痛みがあり、頚椎を後方へそらせると症状が増強し、X線(レントゲン)で頚椎症性変化を認めることで診断します。
MRIで神経根の圧迫を確認しにくい場合もありますが、骨棘による椎間孔(神経根が出ていく孔)の狭窄がわかる場合もあります。

治療

関節が動かないケースを除き、関節の可動域を広げて筋の張りをマッサージや鍼で減らしていき、神経圧迫や血行不良を改善します。

予防と改善

同じ姿勢を長く続けないようにしましょう。
蒸しタオルなどで肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労をとり、適度な運動や体操をしましょう。
入浴し身体を温め、リラックスするようにします。