狭心症

この疾患の診療科

特徴

心臓の筋肉に酸素を送る血管(冠動脈)が狭くなることによって心臓の筋肉に十分な酸素が届かなくなる状態をいいます。

症状

主な症状としては、胸の痛みやしめつけ感・息苦しさです。
特徴的な所見として、症状が短時間(15分以内)であり、安静によって改善しやすいというのが挙げられます。

診断

診断するにあたり、心電図・心臓超音波検査・血液検査・CT検査・心筋シンチグラフィー・冠動脈造影検査などすべてではないですが、複数の検査を組み合わせて確定します。

治療

基本的には内服治療を行います。年齢や状態を確認し、心臓カテーテル術や冠動脈バイパス手術なども検討されます。

予防と改善

予防として、バランスの良い食事をする(塩分、糖分、脂肪分をとりすぎない)・息が切れない又は軽く汗をかく程度の運動 を習慣づける・ストレスをためない・禁煙などが挙げられます。