漢方オンライン診療

スマホで受診!

お一人おひとりに合わせたきめ細やかなカウンセリング

漢方

漢方薬は東洋医学として用いるお薬です。東洋医学は心身一如(しんしんいちじょ)、つまり心と身体を総合的に捉え、身体の全体的なバランスを図っていきます。漢方は複合成分で、複数の生薬を組み合わせた天然品が用いられます。作用はマイルドで副作用も少ないという特徴があり、症状改善を目指すには継続することが大切です。 漢方は不調の原因をその人の体質から考えます。同じ症状でも、その方の状態や年齢・体格によって合う漢方薬は異なるため、お一人おひとりに合わせたご提案をするために、きめ細やかなカウンセリングが必要です。

一人ひとりにあった漢方薬を見つけるための『ものさし』となるのが【証】です。体質や体力によって【証】を分け、各【証】にそれぞれの症状にあった漢方薬が展開されています。まずは下記のチェックシートで、ご自身の【証】をチェックしてみましょう。あてはまる数が一番多かったのがあなたの【証】です。
※実証と中間証が同数→やや実証、虚証と中間証が同数→やや虚証、実証と虚証が同数→中間証となります。

虚証 中間証 実証
体系は… 華奢である 中肉中背である 筋肉質でがっしりしている
声は… 細くて小さい 普通 大きくしっかりしている
ちょっと動くと… すぐ疲れる どちらともいえない まったく疲れない
肌は… さめ肌で荒れやすい 普通 つやつやしており、血色がよい
元気は… あまりない どちらでもない ありあまっている
胃腸は… 弱いほう 普通 丈夫なほう
食欲は… あまりない 普通 いつもある
爪は… 爪に筋や波がある 普通 ピンク色でなめらか
便秘をすると… 大して気にならない なんともいえない つらい

相談の多い症状

・ダイエット
・冷え性
・疲れやすい
・生理不順
・肌荒れ
・胃腸の不調
・花粉症
・めまい
・自立神経失調症

同じ症状でも【証】によって処方される漢方薬は異なりますので、お一人おひとりにあった漢方薬をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

病気になったときの治療はもちろん、いつもの毎日をもっとイキイキと過ごすためにも、
気になることがあれば、ご相談ください。

虚証タイプ

  • ●抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)
    虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症

  • ●八味地黄丸料(ハチミジオウガンリョウ)
    疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多量で、時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

  • ●補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
    元気がなく胃腸のはたらきが衰えて疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ

  • ●六君子湯(リックンシトウ)
    胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい物の次の諸症:胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

  • ●人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)
    体力虚弱なものの次の諸症:病後・術後などの体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

  • 中間証タイプ

  • ●加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)
    体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘傾向のある次の諸症:冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

  • ●五苓散料(ゴレイサンリョウ)
    のどが乾いて、尿量が少なく、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ

  • ●半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
    気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声

  • 実証タイプ

  • ●防風通聖散料(ボウフウツウショウサンリョウ)
    腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘

  • ●柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
    精神不安があって、動悸、不眠などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症

  • ●桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
    比較的体力があり、のぼせて便秘がちなものの次の諸症:月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

  • ●桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
    比較的体力があり、時に下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ

  • ●黄蓮解毒湯(オウレンゲドクトウ)
    比較的体力があり、のぼせ気味で顔色赤く、イライラする傾向のある次の諸症:鼻出血、高血圧、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸、湿疹・皮膚炎、皮膚掻痒症

  • 証に関わらず

  • ●芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)
    急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛、筋肉・関節痛、胃痛、腹痛

  • ●十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
    化膿性皮膚疾患、急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫