わかさクリニック

04-2949-2426

〒359-1151 埼玉県所沢市若狭4-2468-31

防衛医科大学校病院 肝・胆・膵外科 教授 岸 庸二

現在所属している、防衛医大外科学講座3は、肝胆膵外科、乳腺外科、小児外科の診療と担当しています(小児外科は現在、外来診療のみでの対応)。

私自身は、肝胆膵外科という領域を専門として担当しています。あまり馴染みのない科名と思いますが、消化器内科、放射線科との連携プレーで、一般に難治性といわれる、肝がん、胆道がん、膵がんに対する手術や抗がん剤を中心とした治療を精力的に行っています。病気の種類や腫瘍の場所によっては、体力的に負担の少ない腹腔鏡手術も考慮しています。がんと比べて、はるかに頻度の高い、胆石症、胆のう炎などの手術治療も承っています。

胆石、胆のう炎は、ふつう、「おなかが痛い」などの症状が病院受診のきっかけになりますが、残念ながら、がんを含む悪性の病気ほど、特に早期のうちには症状が出ることは稀です。健診で肝臓の数値が異常だった、急に血糖値が高くなった、といったことをきっかけに見つかることもしばしばあります。これら、思い当たることがある場合には、お気軽にご相談ください。決して脅すわけではありません。多くの場合は、検査して「たいした異常はなかった」と判明し、大きな安心を得ていただくことになります。

皆様の不安に寄り添う診療を心がけております。ご遠慮なくお声掛けください。

経歴

H3
岐阜県立可児高等学校卒業
H10
東京大学医学部医学科卒業
H10〜H11
東京大学医学部附属病院外科研修医
H12〜H14
東京警察病院外科レジデント
H14〜H18
東京大学医学部附属病院肝胆膵外科人工臓器移植外科医員、大学院
H18〜H19
都立墨東病院外科医員
H19〜H20
MDアンダーソンがんセンター 留学
H20〜H22
がん研有明病院消化器外科レジデント
H22〜H23
東京大学医学部付属病院肝胆外科助教
H23〜H31
国立がん研究センター中央病院肝胆膵外科医員、医長
H31.3〜
防衛医科大学校外科学講座3 教授

所属学会

日本外科学会専門医、指導医/日本消化器外科学会専門医、指導医/日本肝胆膵外科学会高度技能指導医/日本肝臓学会専門医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医

私のオフタイム

家族団らん・マラソン

十分とは言えませんが、極力、家族との時間を大切にするよう努めています。
ストレス解消も含め、朝のジョギングを趣味としています。1回5-10kmの距離を、30~1時間弱かけて走っています。まだハーフマラソン1回出場くらいしか経験していませんが、50歳からマラソンを始めて今も70歳代後半で走り続けている、父親とフルマラソン参加を目標にしています。

私たちの想いへ戻る