介護保険について

在宅医療をお考えの方は、まず介護保険の申請をお勧めしています。
入浴や食事など、患者様の日常生活の介助や、掃除や買い物の手伝いなどのサポート、また介護ベッドやポータブルトイレなどの介護用品を安くレンタルできるなど、様々なサービスがご利用になれるため在宅療養にメリットがあります。

イメージ画像
65才以上の方
原因を問わず所定の介護や支援が必要と認定された人がサービスを利用できます。
40~64才の方
特定疾病が原因で所定の介護や支援が必要と認定された人がサービスを利用できます。

介護保険の申請の仕方

本人または家族が市の窓口で申請します。
また、お住まいの地域の地域包括支援センター・指定居宅介護支援事業所・介護保険施設などに申請を代行してもらうこともできます。

イメージ画像

申請に必要なもの

・介護保険被保険者証 、申請書

※第2号被保険者(40歳〜64歳の医療保険加入者)の人は加入している医療保険証の写し

申請用紙は、市の窓口、各地域包括支援センターにあります。

所沢市の方は下記のサイトからもダウンロードできます。

入間市の方は下記のサイトからもダウンロードできます。

申請用紙には、申請者の心身の状況を把握している医師(主治医)の氏名、所属医療機関の名称、申請日から1か月以内の受診日または受診予定日を記入いただく欄があります。

介護者不在に対する不安について

イメージ画像

一人暮らしをする高齢者の方の中には、「急な体調不良などの際に助けを求められなかったらどうしよう」と日々不安を感じている方、多いのではないでしょうか?

介護保険による居宅サービス以外にも下記のようなサービスが行われています。

所沢市では、みまもり相談員が定期的に次の高齢者のお宅を訪問し、話し相手や安否確認を行います。
希望者は申請が必要となります。

他にも「トコロみまもりネット」地域の皆さんの日常生活や協力機関・協力事業所の事業活動のなかでさりげない見守り・声かけによって高齢者の方の何らかの異変に気づいたときは、高齢者支援課や地域包括支援センターにご連絡いただき、状況の確認と支援につなげていくサービスも行っております。

その他にも各自治体でこのようなサービスがあります。

ページの先頭へ戻る