ホクロ・イボ

痛み等の症状はないけれど、気になる「ホクロ」や「イボ」を除去します。

顔の印象を劇的に変えることができるホクロ除去や、気になるイボの除去ができます。
ホクロや、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)をはじめとするイボは、特に痛みや痒みなどがなくても、顔の印象がスッキリとしない原因となり、メイクするときや日常生活で、常に気になるものです。そんな肌悩みにはCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)の治療をどうぞ。また、ホクロが大きくなる等の症状は、皮膚癌や悪性の場合も考えられるため、気になる場合は一度、専門医の診断を受けることをオススメします。

こんな方におススメです。

こんな方におススメ

  • 顔に目立つホクロがある
  • 首にポツポツした多数のイボができた
  • メイクするたびに鼻のホクロが気になる
  • 顔や体にメスを入れたくない
  • 頬にポッコリしたイボが出現した
  • 手や足のイボがなかなか取れない

当院では、それぞれの患者様のお悩みに合わせて適切で一番効果が見られる治療をオススメしています。

ホクロ・イボの効果的な治療法

  • CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

    CO2レーザー

    水に反応する特長のあるレーザーで、瞬間的に蒸散させることでホクロや各種イボを除去します。

    詳しくはこちら

当院のホクロ・イボの特徴

「ここになければ、もっとキレイになれそう…」「痛み等の症状はないけれど、どうしても気になる…」そんな、ホクロやイボのお悩み。当院では、肌にやさしく短時間で治療することが可能なCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を使用して、どちらもスッキリと取り去ることができます。しかも、メスを入れることがなく、出血もないため、傷跡が残らず安心して受けていただけます。お顔の印象を、ガラリと変えることが可能です。

ホクロ・イボの種類

母斑
いわゆるホクロのことで、皮膚の上層部にある表皮基底層の部分にメラノサイトが増えた状態を言い、黒色をした色素斑のことを指します。
脂漏性角化症
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれ、一般には「老人性イボ」とも言われます。文字のとおり、皮膚の老化現象のひとつですが、若い人にもできることがあります。顔や全身どこにでもでき、表面がザラザラしていて、出来初めは1~2ミリ位ですが放っておくと少しずつ大きくなります。
軟性線維腫(アクロコルドン)
小さくプツプツとしていて皮膚と脂肪から構成され、首やワキ、胸やわき腹に出来やすいと言われています。首イボができる原因として代表的なものが、肌同士や肌と服の摩擦が刺激です。また、強い紫外線を浴びた後で、首イボが出来てしまうということもあります。
日光角化症
日光を浴び続けることによりできる皮膚の腫瘍で、高齢者にできることが多く、見た目は脂漏性角化症(老人性イボ)に非常によく似ています。放っておくと皮膚癌に移行してしまう危険性がありますので早めの治療が必要です。

ホクロ・イボの施術料金

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

施術内容 料金(税抜)
3mm未満 5,000円
3mm~5mm未満 7,000円

その他の料金についてはこちら

ドクター紹介・スタッフ紹介

問診票はこちら

わかさクリニックは、年中無休で診療を行っています。
診察(初診・再診)に予約は必要ありません。

武藤医師の診察
9:00~12:30
(土・日~13:00)
× ×往診 ×
15:00~18:30
(土・日午後休診)
×
夜間
~21:00